So-net無料ブログ作成
検索選択
イギリス食 ブログトップ
前の10件 | -

イギリス、コーンウォール産の「クリームティー」が日本直輸入!Cornish cream tea set wiil be available in Japan soon!! [イギリス食]

イギリスのコーンウォール地方にある唯一のトレゴスナン(Tregothnan)茶園よりこの度「クリームティー」が日本へ輸出されることが決まったそうです。既にインドや中国には輸出されているそうですが、現地での評判やいかに??ちなみに先日行なわれた日本での試食会は大好評だったそうです。日本でのイギリス人気が伺えますね〜〜。本格的に市場に出回るのはいつになるのか明記されていませんが、とりあえず今月21日に英国大使館でふるまわれるそうです。冷凍クロテッドクリーム、それにジャムとスコーンにティーがついたセット、いったい市場価格はおいくらに、、、?高そう〜〜〜。
http://news.bbc.co.uk/2/hi/uk_news/england/cornwall/8589041.stm
nice!(0)  コメント(2) 
共通テーマ:日記・雑感

イギリスで毎週パブ52軒が閉鎖! UK is losing pubs 52 each week [イギリス食]

BBCによると不景気とバーやカフェの進出でイギリスでは週52軒のペースでパブが閉鎖されているそうです。
今までにない異例のスピードでのパブ減少。
長い歴史をもった由緒あるパブも閉まってしまってるのでしょうか、、これは残念。

フランスやベルギーのお洒落で美味しいカフェも良いですが、パブ・フードを食べながら
のんびりと過ごすのはイギリスならでは。ソーセージ&マッシュ、最高です。

頑張れ、パブ文化!

BBC Link
http://news.bbc.co.uk/2/hi/business/8161793.stm

According to the BBC News, UK is losing 52pubs a week!

Such a shame!
I love British Pub.
I used to go to the pub for Friday lunch with my colleague in Fleet st.

Sausage and Mash is superb!!

Hope my favorite pubs still exist.


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

Walkersのひつじちゃんショートブレッド [イギリス食]

walkers.jpg
これは5月にウェールズに行った時に見つけたもの。ロンドンに住んでいた時は観た事が無かったので、かなりのレアもの!?
 ウェールズののどかな田舎道をドライブしてしながら、真っ白なベイビーラムをたくさん観た事を思い出します。Walkersのサイトを観た所、オンラインショッピングでは販売してないみたいなので、もったいなくて食べれない〜!?(笑)
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンで一番大好きなアフタヌーンティー [イギリス食]

今までいくつかの場所でアフタヌーンティーを楽しみましたが、私の一番のお気に入りはやっぱりドーチェスター。週末は一ヶ月前に要予約ですが平日なら1週間前でも予約できる日もあります。日本へ帰る日に再度訪問。ここのプロムナードと呼ばれるティールームの雰囲気は最高!以前はスタッフの対応とフレンチペイストリーの甘さは要改善!と思っていたのですが、これが二つとも良くなっていてびっくり。俳優の卵さんのような男性スタッフが自己紹介と共にメニューを持って来てくれました。(←やりすぎの感ありでしたが、無愛想よりは100倍マシ!)フレンチペイストリーもオペラにミルフィーユにエクレアと素朴な味がグット。プレデザートのレモン・ムースも美味しかったし、何よりスコーンが美味しい!!スコーンといえば、F&Mにもこの前の日にお友達と行ってみましたが、これぞスコーンという外がサクッと中はしっとりでとても美味しかったです。4階のティールームでアフタヌーンティーをいただかなくてもカフェでスコーンのみ食べることができるのでリピートしやすいですよね。dorchester0802.jpgdorchester08.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

ロンドンで一番大好きな飲茶 [イギリス食]

ロンドンを経つ前に、足繁く通った「Phoenix」で飲茶を楽しみました。今まで写真は撮ったことがありませんでしたがここの飲茶は本当に美味しかった。特に日本ではあまり馴染みのなかったチャーシュースウがお気に入りでした、トニーブレア元首相も常連客のようです。会ったことないですけどね〜。phoenix3.jpgphoenix2.jpgphoenix.jpg
nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

英国一美味しいJuri'sのクリーム・ティー [イギリス食]

今年、日本人としては初の快挙、栄えある「Top Tea Place 」を受賞した「Juri's」に行ってきました。先日、某日本人向け雑誌でも特集されましたよね。実は樹里さんは私と同じ立教英国卒なんです。彼女のことは数年前に著書「コルドン・ブルーの青い空」で知りました。在学していた時期は違うものの、立教英国の卒業生がイギリスで頑張っているなんてすごいな〜と思っていたら今回の受賞。「英国一と称されるスコーン」これはぜひとも食べてみたい!とロンドンから2時間半、チェルトナムにあるティールームへ。

この日頂いたのはポテトとリークのスープにサンドイッチそれから最大の目的クリーム・ティー。私がちょっと覗いたことのあるコルドンブルーのグランドディプロマ資格を持つ彼女の料理の腕前はもちろんお墨付き。スコーンは外はさくっと中はしっとりで最近ロンドンではなかなか味わうことのできない逸品でした。平日に訪れたので樹里さんとお話する時間もあり、母校の話やイギリス人に好まれるケーキ作りの話など色々と話すことができました。ドライブを兼ねロンドンから日帰りで来るお客さんも多いらしく、週末はフードメニューも増え、ケーキの種類も倍になるそうなで、皆さんぜひ訪れてみて下さいね〜。いちごのショートケーキも人気だそうですよっ。http://www.juris-tearoom.co.uk/juri3.jpgjuri2.jpgjuri1.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

クラリッジにてアフタヌーンティー [イギリス食]

claridges2.jpgclaridges.jpg先日、お菓子作りのメンバーでクラリッジにてアフタヌーンティーをしてきました。Tea Guild 2006で「Best Afternoon Tea」を授賞したこともあり、平日でも最低2週間前の予約が必要です。まずは電話で予約をしたのですが、混んでいて繋がらない!すぐに留守電になるので予約希望日と時間、人数そして連絡先を残しておくと折り返し電話をくれるシステムになっているようです。かなりの人気に驚き!
 そして頂いたアフタヌーンティーは下の写真。まずは4種類のサンドイッチを思う存分いただき、次に運ばれてくるのがスコーンとフレンチペイストリー。スコーンはレーズンとアップル入りでそれをクロテッドクリームとマルコポーロのティーゼリー(多分マリアールフレージュのもの)で頂きます。このティーゼリーはとっても美味しい!スコーンは中はしっとり外はサクサクというよりは全体的にサクサクでビスケットといった感じ。この前ランドマークで食べた時もそうでしたが、これが今の主流なのでしょうか・・個人的には中はしっとり外はサクサクの方が好きです。 フレンチペイストリーはブルーベリーと生クリームのムース、ホワイトチョコのムース、エクレア、プラムタルト。どれも甘さ控え目でこれは美味しいです。特にプラムタルトが気に入りました。 2006年に「Best Afternoon Tea」の座を最後まで競ったというドーチェスター。ここのプロムナードと呼ばれるティールームの雰囲気はとても良く、アフタヌーンティーにはプレデザートも出て来るし、サンドイッチとスコーンはクラリッジに負けず劣らず美味しいです。ただここの唯一の難点は一時間半しかいられないこと。女の子同士お喋りしてるとあっという間に時が経ち、十分食べないうちに「次の予約が入ってるので」と会計させられることもしばしばでした。今回は最終予約時間17時半のテーブルだったこともあり、何時までいても良いという特典付き。その甲斐あってサンドイッチ、スコーン、フレンチペイストリー全てをおかわりし、感じの良い日本人スタッフさんともお喋りしたり、話題はつきず、ホテルを出たのは21時過ぎ!お土産にホテル特製ブレンドの紅茶もいただき、大満足の夜でした。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

マリルボーンのフレンチL' Autre Pied [イギリス食]

2つ星のPied a Terreのセカンドラインとして昨年秋にマリルボーンにオープンしました。内装は木目を基調とした落ち着いた印象です。ひとつ目立ったのはテーブルは木目のままでテーブルクロスが無い事です。出て来たパンはほんわか柔らかくてとても美味しく、聞くとマリルボーンにあるLe Pain Quotidienのものだそうです。スターターとして注文したのはフォアグラのロールにクゥインスという果物のチャツネ添えと半熟卵付きポテトとセロリの温かいサラダ。フォアグラはとても柔らかい物をロールケーキみたいに丸めた一品で、量は小さな2切れとスターターとして丁度良し。温かいサラダは卵にフォークを入れるととろっと出て来る黄身が何とも美味。セロリの泡あわもデコに使われていました。メインはラムラックのタラゴンソースに焼きパースニップとポテトのフライドケーキ風、スケートのソテー、きのこソース添え。ラムはタラゴンのハーブが程よく効いておりポテトとの相性もばっちりでした。スケートはぷりっとした白身に細切り野菜で包んでソテーされていて見た目もばっちり。キノコソースのほかプラムソースやポテトピューレもついていて飽きのこない美味しい逸品でした。デザートにはホワイトチョコレートのムースとミントアイスクリーム、フィナンシエとルバーブのシャーベットのアーモンドミルクがけ。デザートはシンプルなものが多くフィナンシェはスタッフお薦めの一品。大きめのフィナンシェが軽いデザートとして食べやかったです。コーヒーとグラスワインで100ポンドはセカンドラインとして妥当な所でしょうか。料理はどれも小振りなのでフレンチとしては気軽に行けます。家の近所にあるところがポイント高し!
5-7 Blandford Street
London W1U 3DB
7486 9696

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

アフタヌーンティー [イギリス食]

旅の締めはイギリスらしくアフタヌーンティーで。久しぶりにLandmarkに行きました。お昼を試食だけで終わらせた甲斐あり、ぺろりと平らげましたのでした。landmarkA.jpglandmarkA2.jpg
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

バラマーケット散策 [イギリス食]

今週は現在フィリピン在住の友人がロンドンに遊びに来てくれたのでテムズ川沿いを散策してきました。6年もロンドンに住んでいるのに自宅付近が便利なのでこの辺は未開拓の地。おのぼりさんツアーはまずバラマーケットからスタートです。世界中から美味しいものが集まる噂のマーケットは活気でいっぱい。削りたてのチーズやイベリコハム、サラミにジャム、味見のし放題で日本のデパ地下みたい。ものすごく楽しいです。肉、魚、野菜、果物の種類も豊富で、キノコには日本のしめじ、えのきほか、なめこ、そしてエリンギまで!エリンギは1本で500円くらい。高いっ。(ちなみに英語名はKing Oyster)その横には高級食材のトリュフがごろごろとかごに入れて置いてありました。贅沢っ。果物コーナーには色鮮やかなルバーヴにミニパイナップルなどがてんこ盛り。マニラ在住の友人によるとこのミニパイナップル、すごく甘くて美味しいんだそうです。

フレンチの乳製品専門店ではエシレほか、フランス産のバターがずらいり。うーん、全部試したいっ!そして同じ棚に可愛いノルマンディーのプリンを発見。もちろん買いました。1個1ポンドでその場で食べることもできます。スペインコーナーではもちろん大好きなイベリコ豚をチェック。笑顔の素敵なお兄さんが熟成度を説明しながら全部味見させてくれました。切り立てのハムをその場で頂くとは何という贅沢っ。100g16.50ポンドのイベリコは脂がよくのってとても美味でした。写真のおじさんが奥で切ってるやるつです。迷わずこれを購入。

ほか今回はレイクディストリクトから5時間かけて来ているリッジーさんお手製のドライフルーツのコンポートを購入(http://www.fruttacotta.co.uk/sparkedit/home.php)。オーガニックのドライフルーツをレモン汁やお酒と一緒に浸けた、そのままでもとても美味のこのコンポートで今度ケーキを焼いてみたいと思います。金曜の正午ですでにかなりの人手で13時ともなると芋荒い状態。週末はきっと上野のアメ横状態なんでしょう。開店直後が勝負です!
Thursdays: 11am - 5pm
Fridays: 12pm - 6pm
Saturdays: 9am - 4pm
http://www.boroughmarket.org.uk/borough.jpgborough3.jpgborough4.jpgborough5.jpgborough6.jpg

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
前の10件 | - イギリス食 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。