So-net無料ブログ作成
検索選択
イギリス習い事 ブログトップ

キャンドル・アレンジング [イギリス習い事]

今年はちょっとテーブルアレンジを飾りたいなぁと思い、先日ハムステッドの教会クリスマスの特別講習を受けて来ました。講師は毎週木曜ここででフラワーアレンジを教えている江川先生です。まずはオアシスの説明から入り(←オアシスって社名の名前で商品名ではないそうです。)まずはブルーパイン(もみの木:少し葉にブルーがかっているものが緑のものより長持ちするそうです)やアイヴィー(実は毒性があるそうなので食べない様に!)、松を使って土台作り。朝の10時からスタートし、土台作りが終わった時点で午後1時!そこからリンゴキャンドルを固定し最後の飾り付け、全て終わったのは午後4時です。アレンジングってかなりガテン系なんですね~。作業中は植物から出る樹脂で手のひらが真っ黒になるし、立ったり座ったりを繰り返したので、家に着いた頃には全身筋肉痛になりました。でも努力のかいあって下写真のような作品ができあがりました☆真ん中のリンゴはキャンドルですが、周りのリンゴは本物です。このように昔の人は手に入りやすいリンゴを使ってクリスマスの飾り付けを作ることが多かったそうです。ちなみにリンゴは成長ホルモン、エチレンガスを放出するので生花と合わせると花の老化がすすみ咲く前に枯れてしまうそうです。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

紅茶講習に出席! [イギリス習い事]

昨年の秋頃よりノッティングヒルにある人気の紅茶専門店Tea Palace」にて月一回で始められた紅茶講習「Tea Tasting」に行ってきました。イギリスに来る前は「紅茶の国イギリスにはたくさんの紅茶教室があるんだろうな〜」と期待に胸を膨らませていましたが、英国人の経営する学校は未だもってして聞いた事がなくずっと不思議に思っていました。でもこの日の講習で、お茶の歴史はアジアに始まりそれをヨーロッパ流に加工したものが現在の紅茶ということを聞き納得。

今回はお店に160種以上あるお茶の中からダージリンファーストフラッシュ、ウーロン茶、玉露、更に中国で1年に2週間しか収穫できない貴重なホワイト・ティー等20種をテイスティング。それに合わせてサラダ、ダック、ラム、ミニアフタヌーンティーなど小皿ですがお料理も8種類、出て来ました。

お茶の樹はツバキ科のカメリアシネンシスである、オレンジ・ペコはF&Mが作ったブランド名でセイロンのことであるなどを学び、これを機会にもっとお茶についてもっと勉強したいな〜と思いました。夜19:30から2時間の講習も気がつけば3時間が経ち最後はシャンパンでまで出て来て、更にこの講習の試飲で気に入った紅茶をお土産にもらい、これで45ポンド。これは大満足です。

講習は閉店後のティールームを貸し切り状態で少し照明を落としたロマンチックな雰囲気で行われるのでご夫婦で来ている人もいました。素敵ですよね。

:お腹一杯でお持ち帰りしたミニアフタヌーンティーとお土産の紅茶


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
イギリス習い事 ブログトップ
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。